イベントレポート

お誕生会。

年少さんも園に慣れ始めてきて、泣いていた子も笑顔で過ごす時間が長くなり、もう泣いていない子がほとんどです。
お友達もたくさんいて、「お父さんやお母さんとと離れるのは寂しいけれど、幼稚園も楽しいな!」って思ってくれたかな。
年少さんも、もう自分の靴箱の場所、コップを掛ける場所、かばんを片づける場所…など、しっかり覚えて、「これ片づけてきてね」と声をかけると、ちゃんと自分のところにお片付けできます。
右も左も何もわからない状態で入園してまだ3週間ほどですが、この短い間にもしっかり成長してくれていますよ。
さて、今日は4月生まれのお友達のお誕生会を開きました。
年少さんにとっては初めてのお誕生会!
お遊戯室に向かう時も、お誕生会ってどんなことをするのかなってワクワクしていたね。
今月は新しいクラスでの初めての主役のみんな。
クラスのお友達からお誕生日の歌を歌ってもらったりして、とってもうれしそうでした。
「何歳になりましたか?」のインタビューにもハキハキと答えてくれましたよ。
そんな主役のお友達は、先生やお友達のお誕生会の出し物を、特別席から見ます。
これも主役ならではの特別なうれしいこと。
お誕生会の日は、みんなで主役のお友達を盛り上げますよー!
今月は、まず年長組の先生が、幼稚園にいる先生全員を歌に乗せて紹介してくれました。
年少さんも早く覚えて元気よく先生の名前呼んでね。
それから、ひまわり組のみんなが歌の発表をしてくれました。
さすがは年長さん。
ビシッとかっこいい姿勢できれいな歌声を聴かせてくれました。
1年かけて全クラスがお誕生会で歌の発表をします。
みんなの歌、楽しみにしてるね。
そして、最後に先生たちから「うさぎとかめ」の劇のプレゼント。
うさぎさんとかめさんがお遊戯室を1周するかけっこの勝負をしました。
みんな「がんばれー!がんばれー!」「あー!うさぎさん起きてー!」と大声援を送ってくれました。
楽しいお誕生会になりましたね。
これからみんな順番に、必ず1年に1回主役になれる日がやってきます。
楽しみにしていてね!
そして、毎月のお誕生日のお友達もたくさんお祝いしてあげましょうね。

過去の記事

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

PAGE TOP